FC2ブログ
   
12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一番、不快な利用者さん

大嫌いな利用者さんがいます。

義理の姉妹で来ている妹のほうが嫌いです。
口を開けば、義理姉の悪口、なのに席は自分から義理姉の横の席に座ります。
席を離してみたのですが、「いや私が、あそこの席に行く」と横に座るのです。
悪口を聞いているだけでも不快なのですが、
自分から仕掛けて被害者になって、他の利用者さんに同調を求めるのも
気に入りません。
そして口を開けば「もう死んだほうがましや」
「はよ死にたい」と1日何回も口にします。

私以外のスタッフは「そんなこと言わんと~」と軽く受け流しをしているのですが、
私は「死にたいんやったら死ね」と「死ぬ気もないくせに」と
心の中で呟いて、顔にも出ているような気がします。
死にたいと言った後で、「誰も美味しいものを買ってきてくれない」とか
言ったときには矛盾をつついてしまいました。

トイレに付いて行った時に心の叫びが、声に出てしまい。
「うるさいな~ばばあ~」と小声で言ったのが聞こえてしまった事があります。

思い返せば、この利用者さんに祖母を投影しているのです。
自分から父母に仕掛けておいて、被害者満載になって、
父から死ねと言われて、と悲しいふりをし、
死ねと言われてもお迎えが来ないと死ねない。
早く死にたいと、口を開けば私の前で、そう言っていたのです。
その時の子供の私は、どうしようもできない腹立たしさと、そういうことを言う
父に嫌悪していました。
ただ、今思うと祖母は私に自分は被害者だよって言いたかったんだ。
祖母の芝居につき合わされていたんだなと。

聞きたくもない、死にたいという言葉。
軽く、死にたいという祖母。
私は祖母が死ぬのではないかと、不安でいっぱいになっていた。
祖母が死んでしまうのではないかと怖かった。
誰にも相談することもできない。
黙って祖母の言葉を聞くしかできなかった。

死ぬ気もないくせに。
子供の私を巻き込んだという祖母に対する怒りの気持ちが
その利用者さんの姿に投影して出ています。
スポンサーサイト

Secret

プロフィール

桃

Author:桃

☆.:*【参加コミュニティ】.:*☆
「あなたの心をまもりたい」
↑↑閲覧専用↑↑

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


素直に生きよう

光りが見えるところまで。。。

心の太陽を探して

あるがまま

ブロとも一覧


素直に生きよう

光りが見えるところまで。。。

心の太陽を探して

あるがまま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。