FC2ブログ
   
12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

縛りを作る

私が小学校の頃、祖母が「近所の○○さんの家のガスレンジは使うたびに、きれいに洗っていて、とてもきれい。

それに比べてウチは~」と言う事を言っていた。

何気なく聞いていた、その言葉が私の頭の中で配列に変換していった。
「ガスレンジは汚してはいけない」

祖母の母への批判を私の配列に変換していっていた。

自宅で揚げ物をする時に、ついこの前まで鍋の周りに広告を敷き詰めて油でレンジが汚れないようにしていた。

もちろん油はねのパネルもたてて、いかに汚さないように使うかに神経を尖らせていた。

私は母がレンジ回りなどを掃除せず、油だらけなのに嫌悪していたからだと思っていたが違っていて
祖母の言葉に縛られていったんだと気が付いた。

10年ほど前に近所の人と仲良くなって、その人は突然家にやってくる人だった。
その人が突然、夕方の忙しい時間にやってきた時に、リビングに洗濯物をといれたものが山盛りになっていた。

「今、洗濯物をといれていた」と私は言い、そのままにしてお茶をした。

ただ、それから洗濯物をといれる時に、リビングに山盛りにせずに、ベランダでタオルをたたみ、それをいちいち片づけていくようになった。

その人は潔癖症なのか朝の7時ごろから、玄関ドアの外表を拭き、玄関のたたきを拭き、たばこを吸うからと
リビングの壁、天井を毎日拭き掃除する人だった。

そして、そのきれいな誇り一つない状態が、当たり前の状態で他の人の家の事を指摘する人だった。
粗を探し、批判する。

その人と6~7年付き合う事によって、その人に批判されたくない。と他の人の家を批判している事柄を
私自身の配列としていって、玄関のたたきの拭き掃除、冷蔵庫の上や下の拭き掃除をしていくようになっていって
それが当たり前のようになっていく生活が今現在続いている。

粗を探す人と付き合う事によって、私を監視しいている。と思い込み、

その人の言葉で配列を作り、自分を縛って動けなくしていく。

そして動けなくなっているのにも気が付かずに、苦しさもわからずに過ごしてきた。

批判されないように、配列を作る。
そこには批判されるという恐怖が存在する。

埃を見ると掃除せずにはいられない。
そこには怯えがある。

父が昔よく「父親が厳しい人で、食事の前にアルコールで手を拭かされていた」
そういうことを言っていたのを思い出した。
本当に、おじいちゃんが潔癖症だったのか?と言う疑問。

私が幼稚園の頃に砂遊びができなかった。
手が汚れるからと。
今でも、素手でハンバーグを捏ねたりすることに異常に抵抗感がある。

汚れる事に恐怖感を抱かせたのは母ではなく祖母である事。

母への批判を私に聞かせる事は「そうなるなと!」禁止令を私に祖母が出していたんだと言う事が

わかった。

そして付き合う人、付き合う人が、祖母の批判と重なり、「そうなるな!」と
祖母が何人もいるような感覚に陥っていったんだな。ということが、わかった。
スポンサーサイト

Secret

プロフィール

桃

Author:桃

☆.:*【参加コミュニティ】.:*☆
「あなたの心をまもりたい」
↑↑閲覧専用↑↑

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


素直に生きよう

光りが見えるところまで。。。

心の太陽を探して

あるがまま

ブロとも一覧


素直に生きよう

光りが見えるところまで。。。

心の太陽を探して

あるがまま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。