FC2ブログ
   
12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恩をきせる

私の両親は、恩をきせる物言いをする人でした。

大学まで行かせてあげた。
その学費がどれだけ大変だったか。

この言葉は父から耳にタコができるほど聞かされた言葉です。

(妹は言われたことがなかったという事実)

母に守られてたから父は妹には手出しできなかったんだ。

母にも、あなたが嫌だろうから私がしたことにしておいた。
あなたが熱を出したから仕事から早く帰ってきた。

という言葉を言われた事を思い出し、両親ともに恩をきせてくる人なんだなと。

この恩をきせられることによって、私は、申し訳ないとか何か悪い事をしたような気持ちを

持ち続けていて、恩返しをしなければならない。

大きくなったら老後の世話は私がする。

そんな事を長年思っていました。

働き出したころに妹と2人で親の事を1.2度話したことがあって、

私は親を見ようと思っている。と妹に伝えたら、妹が「おかあさんは、私のほうが優しいから私に面倒を見てもらう。」

そう言ってたよと聞いた時の私のビックリした気持ち。

母は妹にも同じような事を言ってるんだと思って、がっかりした気持ちを感じました。

親として当たり前のことをしてきて、その事に恩をきせ、子どもに罪悪感を抱かせたり、

ありがたく思えと暗に言ってた事に気が付いて、これが私の親の手法なのか!と。

子どもの頃に虐待を受けてきたのに、この恩を着せられることによって

全てを帳消しにさせられる。

私自身が虐待されたことよりも、恩を感じることのほうに重きを置かざるを得なかった。

この恩をきせられることによって理不尽な出来事も理不尽と感じさせない手法。

思い通りに手のひらで踊らせ、それをほくそ笑んでる父と母。

本当に恩をきせるような出来事ではなかった事実。

冷静に客観的に出来事、物事をみてみると親の矛盾が見えてくる。
スポンサーサイト

Secret

プロフィール

桃

Author:桃

☆.:*【参加コミュニティ】.:*☆
「あなたの心をまもりたい」
↑↑閲覧専用↑↑

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


素直に生きよう

光りが見えるところまで。。。

心の太陽を探して

あるがまま

ブロとも一覧


素直に生きよう

光りが見えるところまで。。。

心の太陽を探して

あるがまま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。