FC2ブログ
   
12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒られる恐怖

先日、映画を観に行ってきました。

「思い出のマーニー」

この映画を観ていて、主人公の杏奈は親戚の家に療養に来ているのに、

夕方になると出かけて行ったり、夜遅くになっても家に帰らない。

挙句の果ては、道端で寝てしまう。

この映画を観ていて、私の頭の中は「早く家に帰らないと怒られる!」

そのことで頭がいっぱいでした。

映画どころではありません。

私自身も、就職してから結婚するまで、ずっと家に帰る時間に制限がかけられていました。

職場の飲み会があっても11時ごろになると家に帰らなきゃと時計ばかりを気にしていたことを思い出しました。

あの頃は父がイライラするのを見て母が私を怒る。

そう思っていましたが、今は母が怒り出すのをわかって、父はイライラして「早く帰ってこい」

そうなっていたんだな。とわかります。

ただ、遅くなったら怒るは理由づけで、母は何があっても私を見て怒る理由を探していたんだろうと思います。

常に「怒られるんじゃないか。という恐怖」と戦ってきていました。

怒られなかったら、やっとその時点で「ほっ」と安心できる。

ただ次々に「怒られる恐怖」はやってくる。

常に緊張状態。

大学生ぐらいになると私自身も抜かりなくというか怒られないようにする緊張が当たり前の状態で、

母の知らない指輪などは、家に着く前にはずしていました。

指輪を無くしてしまう事も度々ありましたが、母に怒られるよりはまし。

指輪を無くすことのショックは、ほぼ感じずに、「怒られないようにふるまう」

全て私の焦点は、母の機嫌にあたっていました。

常に緊張した状態。

母が怖い。

子どもの頃から植えつけられてきた恐怖。

フラバの恐怖にもっていかれる感覚。

萎縮した状態では感情どころか何も感じることができない。

この怒られる恐怖から抜け出す事が萎縮状態から抜け出せるのではないかと思っています。

そのために今、自分が出来る事を考えていこうと思います。


スポンサーサイト

Secret

プロフィール

桃

Author:桃

☆.:*【参加コミュニティ】.:*☆
「あなたの心をまもりたい」
↑↑閲覧専用↑↑

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


素直に生きよう

光りが見えるところまで。。。

心の太陽を探して

あるがまま

ブロとも一覧


素直に生きよう

光りが見えるところまで。。。

心の太陽を探して

あるがまま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。