FC2ブログ
   
12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の思い出

ずっと記憶の中にあって、でもブログにも書かず、誰にも話をしなかった。

母との良い思い出を話すのが悔しい。

そんな感覚がある。

私が子どもの頃、小学校で地区の運動会というのが年1回あった。

自分が参加したことなどは覚えてなくて、1つだけ印象に残っている出来事。

母が障害物競走に出た事。

その中で、給食のパンケースの中に小麦粉に紛れて、いも飴が入っている。

手を使ってはいけないので、その飴を探すためには、息をフツーと吹きかけて、

顔が真っ白になりながら、飴を探し、くわえてゴールする。

そんな競技があって、母が必死の顔で顔を真っ白にしながら、飴をくわえて

ゴールに向かう姿をみて観客席から大笑いで見ていた事があった。

多分、後にも先にも母の姿を見て大笑いしたのは、この時だけ。

地区の運動会は競技に参加すると何か景品を貰った。

そんな記憶もある。

手を叩いて母を応援する幼い私。

母の事を疑いもなく好きだった、あの頃の私。

それと、もう1つ。

最近、子どもを学校に車で送って行ってて、うっすら思い出した場所。

その真っ暗な道を、隣町の父の叔父さんの家に行った帰り道。

母の自転車の後ろに乗っている私を思い出した。

真っ暗なので、空の月が明るく見えて、

母に「何で、自転車に月はついてくるの?」

そんなことを、いつも聞いていた。

母は「明日、会社の人に聞いておく」

いつも、そんな答えがかえってきて、きちんと答えてはくれなかった。

がっかりする記憶でもあるけれども、母の自転車の後ろを独占して2人の時間を過ごすことができた。

そんな小さな幸せな思い出。
スポンサーサイト

Secret

プロフィール

桃

Author:桃

☆.:*【参加コミュニティ】.:*☆
「あなたの心をまもりたい」
↑↑閲覧専用↑↑

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


素直に生きよう

光りが見えるところまで。。。

心の太陽を探して

あるがまま

ブロとも一覧


素直に生きよう

光りが見えるところまで。。。

心の太陽を探して

あるがまま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。