06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宣言

今迄から、ずっと私の目は長男だけを見ている。

次男を見る時は、病気の時か、勉強をしているかどうかの確認の時。

目は、長男を見ている。

愛情の代償として、お金と物を与ええきた。

それで、次男は満足していると思ってきたから。

兄弟の仲が悪くなるとは思わなかった。

自分のしてきた事への後悔。

家に2人にするのが怖い。

私のいない時に、何が起こるかわからないから。

それほどの憎しみを兄弟なのにお互いが持っている。

長男は「見て見て」とゲームや携帯を私に見てほしいとアピール。

次男は「頭が痛い」とアピール。

どちらも結局は自分を見てほしい。

もしかしたら、自分だけを見て欲しいのかもしれない。

私が持っている独占欲と同じ。

今まで与えられなかったから。

兄に挑発している次男の気持ちを負の感情を聞いてあげれる事が私の今出来る事なのかもしれない。

ノートの端書に「あんなやつ屑」「口臭い」等々いろいろ兄の事の不満を書いていた次男。

「そんな事書きなさんな」とまた、負の感情を抑え込ましてしまった。

兄弟だから悪口を言ったらだめって、そう思っているから。

仲良くしてほしいから。

やっぱり、負の感情を私には言えない。そう次男の中で、なってしまったな。

失敗に気が付いたから、次男の気持ち聞いてあげよう。

それで解決出来る事ではないかもしれないけど、今、私が出来る事、

思いつくことが、それだから。

せっかくの兄弟なのに仲が悪い、憎しみ合っているのは悲しいし辛い。

この今の私の苦しさは、自分のしてきた事に気が付いたから。

気が付いたら前に進むしかない。

今、長男が金沢に行き渋っている理由も、ここにあるような気がしてきた。

行かなかったら、雷鳥という電車が11日に走り終わるらしいので、

後悔するのが、分かっているのに、延ばし延ばしにしている。

長男も不安なんだろう。

取られるかもしれない不安?

だったら、次男は学校に行っている間、私と長男が2人なのだから

もっと不安なのかもしれない。

よく長男と出かけて、何か食べた時には「次男に内緒ね」

逆もありだった。

そうやって、ずっときてた。

兄弟は平等にと思いながら、やっている事は、すべて逆。

だから、自分が家にいないと不安になるんだ。

ここ最近、学校をたまに休む次男。

監視しているのかもしれないな。

監視しなくても、大丈夫。自分も愛してもらっている。

気にかけてもらっている。

そう思えるようになりたい。

ここ最近、次男にだけ言っていた「勉強しなさい」を止めます。

勉強よりも、健康でいて欲しいし、幸せになって欲しいし、兄弟仲良くいて欲しいから。




スポンサーサイト

桃さんへ

おはようごさいます^^


>家に2人にするのが怖い。
>私のいない時に、何が起こるかわからないから。
>それほどの憎しみを兄弟なのにお互いが持っている。


すごくよくわかります。
緩みつつあるけれど 少し前までうちもそんな感じでした。

>失敗に気が付いたから、次男の気持ち聞いてあげよう。

まだまだ失敗することが多いのだけど
私も今 次男の気持ち 長男の気持ち それぞれの気持ちを受け止めてあげられるようになりたいと思っています。
遅かったかもしれないけれど 自分がしてしまったことに気付けてよかったです。

兄弟 仲良くしてほしい。幸せになってほしい。
ほんとだよね。

いっしょに 頑張ろうね。

風の実さんへ

こんばんは^^

風の実さんのお宅も、そうでしたか・・・
風の実さんが、気が付いて、緩みつつあるんだろうね。
私は、今、自責の念にかられてしまって、
自分を責めずに、前に進もうと気持ちを切り替えている所です。

ありがとう^^
一緒に前に進んでね
Secret

プロフィール

桃

Author:桃

☆.:*【参加コミュニティ】.:*☆
「あなたの心をまもりたい」
↑↑閲覧専用↑↑

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


素直に生きよう

光りが見えるところまで。。。

心の太陽を探して

あるがまま

ブロとも一覧


素直に生きよう

光りが見えるところまで。。。

心の太陽を探して

あるがまま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。