08
2
3
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の躾

私が子どもの頃から実家で犬を飼っていました。

子どもの頃はマルチーズを2匹。

メスの犬のほうは、よその人をよく噛む。黙っていて近づいてきた人に噛む。
そんな事を言っていました。
きっととても怖がりで、デリケートな犬だったんだろうな。
今ではそんな風に感じます。
また2匹は、よくワンワンと吠える犬で、近所迷惑になる。
そう言っては父が箒の枝で、よく犬小屋や犬を叩いてた覚えがあります。
その時、私はきっと「可哀そうだから辞めて」そんな風に思っていたはず。
でも、その気持ちを言えずに閉じ込めていた。

その犬が死んでから高校生の時に、またマルチーズを飼う事になりました。
私が欲しくて欲しくて父におねだりして買ってもらった犬です。

ちっちゃなちっちゃな子犬が我が家にやってきて、可愛くて仕方がありませんでした。
この犬はほとんど吠えることがない犬でした。
母が吠えない事を嬉しそうに褒めていた記憶があります。
子犬で、この子は家の中で飼うことになり、トイレの躾をしなければなりませんでした。

母が隣のおばちゃんが言うていたとおしっこを失敗した時は「犬のお尻に針の後ろ側で刺す」
後ろ側なら痛くないからと。
母は私に言いました。
母は仕事でほとんどいません。
トイレの躾は、私がせざる得ませんでした。
可哀そうという気持ちを押し殺して、躾のためという正当性をもってしていました。

犬が吠える。
近所迷惑、きっと母が威嚇オーラをだし父が察知して犬を叩いていた。
犬のトイレの躾も、私にさせるために私に暗に言い聞かせた。
どちらも母は手を下さない。
母はずるい人。

我が家でも犬を飼いだした時、犬の躾の本を買い、褒めて躾ける。
そんな本を買いました。
トイレも、褒めて気長にとしていましたが、犬が私に牙をむいたときに
私は犬を叩いて自分の欲求不満を発散した時に
次男が「可哀そうだから止めてあげて」そう言った事もあります。
これは今思うと次男に子どもの頃、私が言いたかった事を代弁させていたんだな。
そう思います。
長男が犬を虐める行為に嫌悪感をもってしまうのも、父を重ねているような気がしてきました。
旦那が帰宅した時に、嬉しくてワンワン吠える犬に「うるさい」というのにも、うるさいと言った後に
何か悪い事が起こるかもしれないと怯えが入っているような気もします。

ずっと封じ込めた気持ちを出せずにいた。
それが嫌悪感となってでているんだなと思います。

だんだん、わかりにくい母親のやり口も見えてくると、何ともやるせないです。
はっきりわからないから怒りが母に向けにくいのかもしれません。

長男が犬を叩く事に嫌悪し、でも私も同じことをした。
自分の矛盾も見えてきています。
スポンサーサイト

プロフィール

桃

Author:桃

☆.:*【参加コミュニティ】.:*☆
「あなたの心をまもりたい」
↑↑閲覧専用↑↑

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


素直に生きよう

光りが見えるところまで。。。

心の太陽を探して

あるがまま

ブロとも一覧


素直に生きよう

光りが見えるところまで。。。

心の太陽を探して

あるがまま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。