03
2
3
5
6
7
8
9
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

疑惑

長男を妊娠し、病院で受診した

その時から出血はあって、切迫流産気味だと言われていた。

なるべく自宅で安静にしておくように・・・

結婚してから、ずっと毎週末に実家に行っていた。

週末になって出血が続いているし、体がだるく、しんどかったので、

「電車でも、バスに乗っても今日は行けない。」

そう母に伝えた。

すると何を思ったのか母が自転車で我が家にやってきた。

「自転車の後ろに乗って行けば良い。」

「嫌だ」と言えずに私は自転車の後ろに乗り

片道40分かかって実家に行った。

車道と歩道の段差

身体に響いてくる

流産するんではないかという不安。

母は何も考えずに自転車をこぐ。

実家に着くと父が「しんどいんやったら、寝とけ」

そう言った。

その日、主人が仕事帰りに車で迎えに来てくれて

家に帰ると、すごい出血があった。

自分でもびっくりするほどの出血。

「もう、ダメなのかもしれない」そう思った。

主人は、「何か、あったら、どうするんだ!!」そう母に怒っていた。

それを不思議そうに見る私。

自転車に乗ることを断れなかった私が悪いと思っていたから。

次の日、病院に行き、絶対安静と言われ、

自宅で寝る日々。

母が言った言葉は「私の時は大丈夫だったのに」

謝罪の言葉はなかった。

この事実は、ずっと私の中にあった。

ただ最近、母は自転車に乗せてまで、どうして私を実家に連れていったんだろう?

そういう疑問がでてきた。

母は私が幸せになることを望んでいなかった。

私が不幸になることを望んでいた。

その事実と突き合わせると・・・

無意識で母は私が流産することを望んでいたのかもしれない。

実の親が、ありえない。

そう思いたくない気持ちと同時に

あの母なら、するかもしれないなという思い。

あの人にとって私って、いったい何なんだろう。

あまりにも、むごすぎる事実。
スポンサーサイト

プロフィール

桃

Author:桃

☆.:*【参加コミュニティ】.:*☆
「あなたの心をまもりたい」
↑↑閲覧専用↑↑

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


素直に生きよう

光りが見えるところまで。。。

心の太陽を探して

あるがまま

ブロとも一覧


素直に生きよう

光りが見えるところまで。。。

心の太陽を探して

あるがまま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。