FC2ブログ
   
11
1
2
3
4
5
8
9
10
12
13
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祖母の死

風の実さんのブログを読んでいて

うちの父も同じだ!って思った。

こちらに配慮している。気を使っているように見せかけて

何事も勝手に決める。

自分が正しいと思って。

祖母が施設に入った当初、電車とバスで1時間以上かかるのに

私は長男をベビーカーに乗せて週1回

祖母に会いに行っていた。

あの頃は自動車免許を持っていなかった

施設を転々とし、最終的には

車で10分もかからない施設に何年もいることになる。

最初のうちは週1回ほど通っていたのが

長く施設にいるようになると週1回が

月2回になり月1回になるようになる。

行っても祖母の愚痴を聞いて10分から20分ほどで

帰ってくるようになり

祖母が亡くなる前は、気にはなっていても

母が毎日のように付き添っていたので

施設に行っても母と話をして帰ってくるようになり

祖母に声をかけてあげる事が出来なかった

「桃ちゃん」と言って

しんどくて、しんどくて仕方がないのに

手を一生懸命出してきた

その手を触るのが私には背一杯だった。

冷たい手。

ずっと握ってあげたくても母に遠慮があった。

祖母が亡くなった日も

すぐに電話はなく、朝7時半を過ぎてから

夜中に亡くなっているのに。

主人が会社に出ていったのを見計らって

父が電話をしてきた。

「夕方に来ればよい」そう言って。

私は何故か父の言うとおりにした。

葬儀場に行ったら、祖母が布団に寝ている

何も言葉に出来ず、黙って傍に座った

涙だけがポロポロ流れて、

「ごめんね」も「ありがとう」も

何も言わないまま

お別れをした。

骨になってからも夜寝る時になると

毎日毎日、思い出しては布団の中で

涙が出て仕方がなかった

1か月2か月毎晩泣いていたような気がする。

今も書いていて涙が止まらない。

この涙は、自分の感情を押し殺して、父の言うとおりにしてきたから

その悔しさからだと思う。

そうしないと生きてこれなかった

だから、私は悪くない。

でも、「育ててくれて、ありがとう」その言葉言えなかったけれど

伝わってる

そう信じている

ずっと教会での死者へのお祈りの時には

祖母と、この前亡くなった友人の事を思い浮かべている

祖母がいたから私は生きてこれた

祖母をいじめてきた父

何事も勝手に決めてきた父

なのに憎むことができない自分が腹立たしい
スポンサーサイト

プロフィール

桃

Author:桃

☆.:*【参加コミュニティ】.:*☆
「あなたの心をまもりたい」
↑↑閲覧専用↑↑

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


素直に生きよう

光りが見えるところまで。。。

心の太陽を探して

あるがまま

ブロとも一覧


素直に生きよう

光りが見えるところまで。。。

心の太陽を探して

あるがまま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。