FC2ブログ
   
11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分断

忘れないように、逃げないように書き留めておきたいと思います。

私の母も私の長男を嫌っていると思っていました。
母も長男を悪者にしてたから。

ずっとそう思ってたけど、これは私自身が長男にやってきた事実を受け止めたくない。
私だけじゃなく、母も長男を苛めてた。
そんな風に責任逃れをしたかったから、記憶の操作をしてました。

事実は、私だけを見ない長男
祖母になつく長男
私の長男なのに。
祖母に取られる。
そう思った恐怖、怯えから私は徐々に祖母と長男を分断していきました。

ずっと土曜日に実家に子供たちと一緒に行っていましたが、長男を平日は遊べないから、費用が安いからと土曜日1日の塾にいれました。

6年になると土日はほぼ塾。
元旦さえも塾で実家には行けませんでした。
塾が終わって夜9時過ぎに正月行ったとき祖母は喜んでいました。

きっと私には、そんな顔を見せた事がないのにという嫉妬もあったと思います。
長男は祖母が一番好きと言ってた。
祖母も私が次男の妊娠中に40日ほど入院した時に長男を預かっていた。
そんな事もあり、長男が一番気になる。そんな風に言ってました。

わかりずらく私は、まずは長男を塾に入れる事で祖母と長男を分断しました。

正当な記憶です。
とっても痛い。
逃げずに受け止めていきます。
スポンサーサイト

成人の日

今日は成人の日ですね
我が家の次男も成人式を迎えました。

次男は明日から試験だからと下宿先に戻っているので一人で成人の日を迎えています。

女の子の振り袖の姿を見て、ふと何十年か前の自分の成人式の写真を探してみました。

あの時は、自分で好きな柄を選べなかった。など母への恨みに替えていったように思います。

母は自分で娘の嫁入り支度をしたいと和裁を習い。
成人式の振り袖を娘に自分で着せたいと着付けも習っていました。

今までの恨みつらみがあるので、その時は母が自分がしてもらえなかった事を私に押し付けている。
そんな風にしか思えませんでした。

今、思うと母は愛情表現が、とても不器用な人なんだろうなって思います。

写真館で撮した私の写真を仕事場に持っていき、みんなに見せたりもしてました。
デリカシーがないので、会社の人が写真を見て「ペチャパイやなぁ」っと言った言葉を、そのまま私に伝えたりしたことが、また私の反感を買って恨みになったりもしていました。

振り袖を着た私を母は本当は一番喜んでいたのかもしれないな~
そんな風に思って今日の成人の日を迎えています。

守る

先日のセッションで私が今まで守り続けてきたものが
【忠実な視線を母に向ける】でした

音に怯え、人の視線に怯え
配列を強固にし、自分をがんじがらめにし身動きをとれなく自分自身でしてきたということになります。

子供の頃と違う
母からは離れて暮らしている
なのに私の目は母に向いてる

私は、いつからか次男を母に告げ口をするスパイのように感じ、次男の前では昼寝もせず、食事にも気を使い良い母を演じてきてます

無意識で次男をスパイではなく、母に仕立て上げてる可能性があります

常に私を監視する存在を作る必要があるからです

そうな風に職場でも監視されてる被害者になり、監視している人を母に仕立てる

私の回りには常に母がいてて、居心地が悪いけど、馴染みの場所を作り上げる

その人を見てるのではなく、その人の何処かに母を重ねてる

全く母以外の人を見れてない現実

ちょっとした幸せ🍀

先日、実家を訪問しました。
勢いに任せて家の中に入りました。

その後、父母と3人で私の高校の同級生がしてる居酒屋に行きました。
車からおりて、お店に行く途中に15㎝ほどの段差があり、そこを父が降りる時に私と母で危ないからと父の腕をとり降りました。
私と母に両方から腕を持たれて、父も満更でもなさそうで笑顔が見れました。

昨日、次男が私がワンコの散歩から帰ってくるのを待つように、リビングのソファーでビデオを見出しました。
私は最初はソファーの腕おきの所に座って、ちょっとしてからソファーに座って二人でビデオを見ました。
そんな幸せな2時間。

そんなちょっとした事が幸せだなぁ~と感じています。

当たり前のような、出来事なのかもしれませんが、今、そんなちょっとした事に幸せを感じています。

母親との心理戦

母とは3月から月に1度会うようにしている。
私自身の怯えを減らして、母と普通の関係になれるように。

母と会うきっかけになったのは、次男の学費の振込みのため。

お正月に主人の親に学費を少しでも援助してもらえたらとお願いしたけど断られた後だった。

母親に会うたびに、私に、お小遣いや、子供への学費の足しをくれている。

そういう関係が今までからあった。

ここ何ヵ月か私の主人に対する態度が冷たく、粗を捜しては、いちゃもんをつけ続けていた。

当り前だけど、主人は閉じていく。

そこをまた責める。

先月、私と主人が仲たがいをするのは、母親の思惑通りではないか❓
そう思って修正した。

だけど、また母親の望む通りに冷たい夫婦関係になっていってた。

先日のセッションで、母親の心理戦に巻き込まれないように。とのアドバイスをもらって今回の自分の主人へ仕掛けていっている事柄が、母親の望む通り。

川の流れに流されていっているようだ。

頭で反対方向に行っているのが、わかっていても、良い方向にいこうとすると抵抗感がある。

母親に会うのは私の目標があるから。
私が幸せに家族が幸せになるため。
母親の思惑通りになるためではない。

母親の心理戦に長年、巻き込まれてきた。これからは巻き込まれないようになる。




プロフィール

桃

Author:桃

☆.:*【参加コミュニティ】.:*☆
「あなたの心をまもりたい」
↑↑閲覧専用↑↑

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


素直に生きよう

光りが見えるところまで。。。

心の太陽を探して

あるがまま

ブロとも一覧


素直に生きよう

光りが見えるところまで。。。

心の太陽を探して

あるがまま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。